【49】IlTabarro/Le Villi(外套/ヴィッリ〈妖精たち〉) | おぺら読本出版

1/3

【49】IlTabarro/Le Villi(外套/ヴィッリ〈妖精たち〉)

¥2,500 税込

別途送料がかかります。送料 ¥250

作曲:プッチーニ

「蝶々夫人」発表から15年におよぶ長いスランプを経てようやく生まれた名作。
近代的和声を取り入れた名曲で社会の底辺にうごめく人間の愛欲を描いた「外套」

上流社会の偽善に生きられなくなった女性の苦悩を描く「修道女アンジェリカ」
人間の強欲をコミカルに描写した「ジャンニ・スキッキ」の三部を一編にまとめた、いわゆる三部作の第一部



セーヌ川の一角にミケーレの底引船が停泊している。

ミケーレは50才。妻のジョルジェッタは25才。
妻の同郷の沖仲仕ルイージとの不倫を疑うミケーレの精神は極限に達し、ルイージを殺すことにした。
幸福も不幸も包み込む”外套”に殺害した死体を隠す。

泣き叫ぶ妻ジョルジェッタを捕まえ、ルイージの死骸にその頬を無理矢理おしつける。


ヴィッリ=妖精たち

バレエ”ジゼル”から着想を得た
プッチーニ27才の時の習作。
ドイツロマン派の香を漂わしている若々しい作品である。
村人たちがアンナとロベルトの婚約を祝っているが、ロベルトは亡くなった伯母の遺産相続のために旅立たなければならない。
しばしの別れを悲しむアンナをロベルトは慰め、二人が一緒になれる喜びの日を思って帰郷を待つように説く。
旅立ったロベルトは黒い森と呼ばれる森の妖婦に夢中になり、アンナのことは忘れてしまうが、その間、アンナは不幸にもこの世を去る。
愛する女性を裏切った者は、妖精(ヴィッリ)から復讐されるという伝説が、ロベルトの身の上に現実となってあらわれる。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,500 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品