プロフィール | おぺら読本出版

おぺら読本出版について

「おぺら読本出版」は、代表者河原廣之のイタリアオペラに対する文学的、演劇的、音楽的な解釈を広く世に問うために設立されました。

文学的には、オペラ台本の対訳(解説、訳注含む)を責任編集し出版すること。

演劇的には、希少価値のあるオペラ作品を含めて演出、ディクション指導、字幕制作を通じて広く世に問うこと。

音楽的には、イタリアオペラ塾を通じて、オペラ歌手の個々人、及び団体に実際の歌唱を通じてあらゆる角度から助言、指導、解釈を講演すること。

河原廣之はオペラを正しく理解するうえで非常に重要な文学的、演劇的、音楽的な解釈を広く世に問うために、上記の三本の柱を中心に「おぺら読本出版」から発信しつづけています。

代表:河原廣之 HIROYUKI KAWAHARA

1952年大阪に生まれる。

昭和音楽大学助教授、新国立劇場オペラ研究所イタリアディクション講師を経て現在大阪音楽大学大学院講師。
イタリアオペラ塾塾長。ミュージックスペースポポロイタリア語教室主任。
CD/DVD/コンサートの企画制作も多数。


神戸大学在学中にイタリアに渡り、ウルビーノ大学文学部にてトゥッリオ・デ・マウロの「ソシュール一般言語学概論講義」を中心に、音韻論、語源学、記号言語学、近代イタリア文学、音 声学を学ぶ。


帰国後、三次にわたるミラノ・スカラ座日本公演、フィレンツェ歌劇場日本公演の主任通訳を務めるほか、日本におけるイタリア語ディクション(舞台言語表現法)の第一人者として全国の二期会、オーチャードホール、愛知県立芸術劇場、滋賀県立びわ湖ホール、カレッジ・オペラハウス、東京室内歌劇場、浜松オペラセミナー、堺シティオペラなど、全国の主要歌劇場でのイタリア語ディクションの指導、演出などに精力的にかかわる。


イタリアにおいてもメディチ家における、マスターコースを主宰し、フィオレンツァ・コッソットや故ピエロ・カプッチッリらを講師としてイタリアに於いて研修を行う。


2000年オペラ対訳シリーズ(イタリア語、仏語、英語を含む)創刊。

大阪音楽大学大学院オペラ科講師

ニューペックインターナショナル代表

ユニバーサルアートミュージック株式会社 取締役 編集長

イタリア語翻訳、通訳、朗読法、舞台言語表現法

オペラ対訳書多数出版

オペラ字幕作家としては、アッティラ、ジャンヌ・ダルク、群盗、仮面舞踏会、エルナーニ、ドン・カルロ、スティッフェーリオ、ファルスタッフ、マダム・バタフライ、プッチーニ3部作、モーツァルト3部作、第一次十字軍のロンバルディア人達、シチリアの 晩鐘、ザネットなど多数。

対訳・舞台監修に関するお問合せ、ご依頼について

リンク